スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月連休 東京地区少数車両

40D-IMG_8227.jpg
かつて中央線の主であった201系。近年はE233系の増備により急速に姿を消し、現在は残り2編成です。この2編成は予備車として残存しており、いつ消滅してもおかしくない状況です。この写真は狙って撮ったわけではなく、偶然やって来た所を撮影した物です。しかもこの20分後にもう1編成もやって来たので、運良く最後の2編成を記録することが出来ました。関西地区では更新されバリバリの現役ですが、関東地区ではすでに過去の車両になりつつあります。

IMG_5353.jpg
千代田線・常磐緩行線用に製造された209系1000番台。わずか2編成という少数車両です。この車両も狙ったわけではなく、偶然やって来た所を撮影しました。しかもこの編成の次の列車も209系1000番台で、わずか10分で2編成を撮影することができました。201系の件も含め、偶然にも希少価値のある車両を記録することが出来ました。もう今年の運を使い果たしたかもしれません。

40D-IMG_8011.jpg
E233系2000番台は老朽化している203系を置き換える目的で導入されており、将来はこの形式と209系1000番台に統一される予定です。ヘッドマークを付けて運用に入っていました。まだ珍しい存在のようで、一般客から「新車だ」という声が聞こえてきました。

IMG_5363.jpg
成田エクスプレスの新型車両E259系です。10月1日から運用に入ります。この日は品川駅で試運転を行っていました。

IMG_5374.jpg
今年で山手線という名前が誕生して100周年です。それを記念して復刻調ラッピング電車が登場しました。E231系に旧国電を模したラッピングが施されています。このラッピング電車は1編成のみの存在で、いつやって来るのか分かりませんので、乗れるかどうかは運次第です。写真を撮るために駅でひたすら待ち続け、45分待ったところでやって来ました。写真では分かりにくいのですが、側面はステンレスが見えないくらい茶色ラッピングで覆われており、阪急電車のように見えます。

次回は連休の臨時列車について書きます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

9月連休 高崎周辺訪問

前回、富山地区の鉄道をご紹介しましたが、その後富山→越後湯沢→高崎と移動しましたので、今回は高崎地区について書きます。
IMG_5305.jpg
107系は1988年から製造された車両で、主に北関東地区で活躍しています。国鉄型の空気を感じますが、JRになって製造された車両で、165系の廃車発生品を再利用して、自社工場で製作された異色の経歴を持ちます。現在は自社で車両製作工場を持っていますが、その先駆けと言える存在です。

IMG_5309.jpg
高崎地区から少し離れますが、秩父鉄道を訪問しました。撮影はすべて熊谷駅です。

IMG_5316.jpg
主に急行運用に使用される6000系電車です。もと西武鉄道101系で、車内はクロスシートに改造されています。座席は西武10000系電車の更新時に発生したシートを再利用しているとの事です。大規模な改造を受けており、通勤電車時代の名残を見つける事は、難しいようです。

IMG_5333.jpg
秩父鉄道の最新車両7000系です。老朽化している1000系を置き換える目的で導入されています。この車両は東急電鉄からやって来ました。写真は中間車を先頭化改造した車両で、若干表情が異なります。貫通扉があるように見えますが、貫通扉はありません。この先頭化改造以外は、車両は大きな改造を受けていないため、全体的に東急電鉄の雰囲気を保っています。

IMG_5321.jpg
手前がデキ200形で、奥が5000系です。デキ200形はセメント輸送に使用されていますが、近年はパレオエクスプレスのサポートとしての運用もあります。5000系はもと都営三田線の車両で、4編成が所属しています。秩父鉄道入線時に若干の改造を受けていますが、外観上は地下鉄時代のままです。三田線の車両は、熊本電鉄・インドネシアでも活躍しています。

IMG_5283.jpg
碓氷峠鉄道文化むらにも足を伸ばしてきました。こちらは後日ホームページで写真を公開する予定です。

次回は東京周辺について書きます。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

9月連休 富山訪問

シルバーウィークを利用して、東京方面に旅行してきました。普通に新幹線で往復しても面白味がないと思い、往路は北九州→京都→富山→越後湯沢→東京と大回りで旅行しました。富山で途中下車して、北陸本線の車両と、富山の私鉄を堪能してきました。

IMG_5000.jpg
富山ライトレールに初乗車しました。先日、鉄道コレクションで発売されて、何かと話題だったので、実物を見てみたいという思いがありました。JR線を転換した経緯を持ちますが、すでにJR線時代の名残は感じられず、新規建設されたような真新しさが印象的でした。昼間に乗車しましたが、どの列車も立ち客が出るような乗車率で、思っていたよりも賑わっていたので安心しました。観光の目玉としてパンフレットに掲載されているようで、富山駅では記念写真を撮る人を沢山見かけました。全国のLRTの先駆者として、注目も高いようです。

IMG_5037.jpg
続いては富山地方鉄道です。雰囲気はローカル私鉄ですが、路線延長は約100Kmあり、特急も運転するなど、他のローカル私鉄では無いような特徴を持っています。沿線には観光地もあり、ローカル輸送の他に、観光輸送の役割も担う鉄道です。写真左側の電車は10030形、もと京阪電鉄の車両です。京阪時代とは印象が変わっていますが、地鉄の"若手"として活躍しています。

40D-IMG_7764.jpg
トワイライトエクスプレスを見かけました。連休でキップが入手困難だったようですが、運良く競争を勝ち抜いた幸運な乗客が多数乗っていました。富山から先で日没を迎えます。トワイライトからは、どのような車窓を見ることが出来るのでしょうか。

IMG_5078.jpg
さて最後に北陸本線の普通列車です。急行型の古い車両のみで、塗装以外は国鉄時代のままのようです。国鉄車両といえば広島地区が話題になりますが、広島はリニューアルが加えられているので、北陸地方が正真正銘の国鉄型天国と言えるかもしれません。北陸新幹線開通で在来線が3セク化されるので、新車を入れるメリットもなく、3セク化まではこの状態が続くのかもしれません。

次回は高崎周辺の車両について書きます。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

チキンラーメン電車

P1040436.jpg
2006年3月撮影 辛島町~慶徳校前

「すぐ美味しい、すごく美味しい」のCMでお馴染みのチキンラーメン。1958年の発売以来、世界中で愛されるインスタントラーメンです。そんなチキンラーメンのラッピング電車が、熊本市電で活躍していました。8200形(8201)にラッピングが施されました。ラッピングはチキンラーメンのパッケージをイメージしており、一目見ただけでチキンラーメンを想像させる物でした。2000年~2006年頃までこのラッピングで活躍しました。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

芝山鉄道3600形

40D-IMG_6650.jpg
2009年5月 京成高砂駅

日本で一番営業距離が短い私鉄は?
かつては「紀州鉄道」が有名でしたが、2002年より「芝山鉄道」がその座を奪いました。芝山鉄道は営業距離2.2キロという超ミニ鉄道で、路線の半分は地下を走行しているため、明かり区間は1キロという短さです。そのような事情もあり、車両は親会社の京成電鉄からリースした車両を使用しています。もちろん車両基地もありませんので、京成電鉄でメンテナンスを行います。
この3600形は1編成しか在籍しておらず、芝山千代田-上野・西馬込という広い範囲の運用に使用されており、なかなか姿を見ることが出来ません。この写真は偶然撮影できた物です。この車両を見ることが出来た日は、良いことがあるかもしれません。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ 富山ライトレール

IMG_4926.jpg
トミーテックより発売されている「鉄道コレクション」シリーズ。今までは昭和時代の古い車両が中心でしたが、最新式の路面電車が製品化されました。選ばれたのは富山ライトレールTLR0600形です。実物は7編成が在籍し、7編成すべてが異なるカラーリングを採用しています。今回の商品は、「赤・緑・紫」が製品化されていますが、12月に残り4色が製品化される予定で、全色を揃えることが出来ます。値段は1470円で、レール上を走行できませんが、別売りの動力ユニットに交換すれば、Nゲージのレール上を走行することが出来ます。
IMG_4928.jpg

値段も安いし出来も良くないだろうと思って、最近まで購入しなかったのですが、店頭で商品を手にとって気が変わり、動力ユニットと共に購入しました。印刷も乱れが無く、レタリングなども鮮明に印刷されています。これで1470円は大変安い買い物です。動力ユニットも出来が良く、スムーズに走行することが出来ました。この商品は買いです!

ところで熊本市電0800形は、この車両と同じ車体を採用しています。
どのように加工しようか思案中です。
40D-IMG_6859.jpg

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

広島の105系

IMG_4783.jpg
広島地区で活躍中の105系電車。この形式は大きく2つのグループに分けられ、105系として新製されたグループと、103系1000番台から改造されたグループがあります。この写真の車両は1984年に103系1000番台から改造された車両です。前面は1000番台時代のままですが、反対側の前面は105系パンダ顔というアンバランスな編成です。車齢も高い車両ですが、置き換えの予定は無いようで、しばらくは広島地区での活躍を見ることが出来そうです。

今回105系を選んだり理由は、前回の更新でブログ記事105件目を達成したためです。2008年の8月にブログを始めて約1年になりますが、自分でも100件を超えていた事を知らず、最近になって友人が指摘して気がつきました。
ブログ記事としての価値は少ないと思いますが、訪問してくださる方々には本当に感謝しております。これからもよろしくお願いします。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

和白青装束

Author:和白青装束
北九州市に住む鉄道ファンのブログです。ちょっぴり懐かしい画像を中心にブログを展開していきます。ホームページも開設しています。http://wajiro.sakura.ne.jp/

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。